2020年3月25日水曜日

春は、花の季節です Spring is the season of flowers.

 3月も終盤なのですが、朝晩は肌寒い日も多い高知です。
しかし、日照時間も長くなりましたし、三寒四温だとか「雨が降るたび暖かくなるね・・・」などと申します通り、日中は概ね春の訪れを感じられる陽気に恵まれております。
 It is the end of March, but there are still many cold mornings and evenings. However, the days are getting longer, and when we hear phrases like "fluctuating temperatures" and "It gets warmer after it rains," we feel that spring has come.  

 さて、私オカモトにおきましては、お客様に声掛けをいただいて参加を予定しておりましたマラソン大会が、コロナウイルスの影響により中止となりました。
 そんな高知ですが、野外での花を愛でるイベント等は、縮小されつつも開催されているようです。それらを含めて今回は、週末に見た春の花々の様子を紹介させていただきたいと思います。
 Anyway, the marathon I was going to run in was canceled due to the Corona Virus. In these times, flower events are still held outside, though they are being downsized. I am going to introduce you to some of these events and my weekend spent sightseeing spring flowers.
  
 まずは、社長コラムにもございました、県からの要請で展示されたユリたちです。
 First, these lilies were a request from Kochi prefecture, written in our presidents' column.



 高知駅のこうち旅広場に他の高知の草花と共にアレンジされたユリたちです。弊社製作のSNS撮影用ボードも活用していただきました。リリーアンバサダーで花いけバトラーの金子生花店 濵田達也さんのアレンジです。

 These lilies are arranged with ornamental plants and are displayed in Kochi Station's terminal space. We made use of our company's SNS board. It was created by flower arrangement competitor and Kaneko Flower Shop chief, Tatsuya Hamada.



 高知空港のエントランスに展示された、あふれでているかのようにデザインされたユリたちです。本当に、ユリの川か流れがあるようでした。JouJou Mitsukoさんによるアレンジです。

 This arrangement is displayed in the entrance of Kochi Airport. It truly looked like a river or stream of lilies. It was arranged by Jou・Jou Mitsuko. 



 祖母宅に植えられている、ソルダムというスモモが満開でした。あと3か月もすればおいしい果実も食べられます。
 The soldum-plum(tree)that was planted at my grandmother's house was in full bloom. The fruits will be ripe enough to eat in three months.




 祖母宅付近のしだれ桜。この地区は有名で立派なしだれ桜を見られるスポットもありますが、小さいものですとあちこちで見ることができます。
 This is a weeping cherry tree, planted near my grandmother's house. This is a famous sightseeing spot for weeping cherry, but you can see the small ones everywhere.


 山北みかんや龍河洞でおなじみの高知県香南市の西川花祭りです。少し早かったようで、見頃はもう少し先ですね。

黄色い絨毯は、菜の花です。
 The Nishigawa Flower Festival is held in Kochi's Konan city, well-known for the Yamakita mandarin and Ryuga Cave. It was a little early to see flowers; the best time is still a little way off. The yellow carpet seems to be canola flowers.



 最後は、中村農園の花壇に咲く満開のチューリップです。
 Lastly, here are tulips in full bloom in Nakamura-Noen's flower beds.


オカモト
By Okamoto
-----------------------------------------------------------------
百合球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問合せは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数

 6月開催!「6月のゆりの展示会」- LILY FAIR JUNE 








2020年3月20日金曜日

社長コラム


 20202月はコロナの記憶として刻まれることとなりますが、
花業界においては、起死回生の画期的(エポックメイキング)な年になるかもしれません。

 学校閉鎖やイベントが自粛されるなか、花の生産者や花屋さんを支えるため、さまざまな工夫がされ、結果的に花を使ったことがなかった方が花を買い、花がなかった場所に花が飾られることにつながってきています。

農水省の「花いっぱいプロジェクト」胸に生花のコサージュ着用
JAグループ「花を贈って応援~みんなのよい花プロジェクト」
青山フラワーマーケット「こんな時こそ!お花で元気に!」
日比谷花壇「#うち花見」こんなときこそお花で癒されてみませんか
大田花き「今年はおうちでお祝い&お花見!」

 公共施設も、店舗も事務所も、活気が下がり、アルコール消毒の冷たい雰囲気が漂う中、花は不安な気持ちをそばで支え、足りない何かを埋めてくれる気がします。
高知市の魚の棚商店街(はりまや橋の東)では、消毒液などで通りを清掃し、道沿いに花を飾り付け、春らしい明るい雰囲気を作っています。
高知県では、県により高知駅と高知龍馬空港に花(百合)が飾られています。
公的な花き振興はとても心強く、多くの利用客を癒す効用が期待されます。

  -------------------------------------------------------------------------
花き振興法(20146月成立・公布)
第一六条(花きの文化の振興)
国及び地方公共団体は、公共施設及びまちづくりにおける花きの活用に努めるとともに、社会福祉施設その他花きの人を癒す効用が十分に発揮できる施設における花きの活用の促進に努めるものとする。
----------------------------------------------------------------

 多くの花の品目がある中で、花の大きさや華やかさから、圧倒的存在感のある百合ですが、実はほとんどが国内で生産され、花自給率を高めている存在です。
国内花き生産業に直結する郷土愛の花(パトリオットフラワー?)とも言え、
漢字の名前の百合を飾っていただくことは、園芸関係者に勇気を与えてくれます。

 さて、個人消費喚起は、花において「贈り物」が中心にあります。
「花は気持ちを伝える」ものとして、バレンタイン、母の日、クリスマス、誕生日、歓送迎、又、自分へのご褒美も広義ではプレゼントかもしれません。
一方で、花見の桜は、特定の誰かへのプレゼントではありませんが、毎年とても多くの観覧者を抱えています。その季節にその場に行って、感動し、空気に触れて、思い出を刻むという体験の場所だからです。
 映画館も美術館も、生け花の発表会も、商業施設の門松も、テーマパークの花フェアも、空港の花も、その 場所と時 を体験(体感)させるものです。

過去によく使われていた「CS=Customer Satisfaction=顧客満足度」は、満足度と言うものの、商品とサービスの信頼感や購入しやすさの指標となり、農産品においては産地のブランド名や生産情報という付加価値だったと言えます。
CSは重要ですが、(食べ物ではない花では特に)末端の消費傾向を評価しづらいため、最近では様々なジャンルで「CX=Customer Experience=顧客体験」という概念で、購入者が受け取った感情こそが価値とされてきています。

 月の光は、神聖な雰囲気や、内から湧き出る静かなパワーを感じる。
 お風呂上りの風は、からだから陰を吹きさるような心地よさ。
 小鳥のさえずりが聞こえて目を覚ます。その日、その時だけの音。
花の前で、気持ちが明るくなり、笑顔を取り戻す。とりわけ百合を飾れるのは、経済的、空間的にも豊かなことであるから、幸福感をイメージさせる。
諸行無常、一期一会。風水で重要な玄関は、百合との相性が良い。

5G通信で世の中の距離が縮まっても、場所や自然がもつ物理的な空気は体験できません。遠隔地や温度がスマホで見られるようになったのに、今まで通りハウスに行く。SNSでつながって、いつでも話しているはずなのに、以前より余計に会いたくなる。品種の写真がホームページで見られるけれど、「6月のゆりの展示会(202061114日)」はやっぱり開催したいと願う。

 コロナウィルスが終息し、規制や自粛ムードが去り、気を付けながらも、また自由に活動できる日が、1日でも早く来ることを願っています。


中村慶吾

2020年3月4日水曜日

中村農園 2月のダイジェスト Nakamura-Noen February Highlights


 ご無沙汰をいたしております。
  2月も末になり、日照時間も増え、春の訪れさえ感じることのある高知です。
  It’s been a long time since I’ve last posted.
  At February’s end, the days are getting longer, and sometimes we feel that spring has come to Kochi.

 現在の中村農園ハウスでは、いよいよ今季の試験栽培も最終局面に突入しております。
 In the Nakamura-Noen greenhouse, we are reaching the end of the test growing of this season.

                           

 シベリア・カサブランカの開花が始まっております。
 Siberia and Casablanca have begun to bloom.


 各種八重が続いて、前進しております。
 Double-flowered varieties are beginning to bloom. 



  中旬には、一気に冷え込み、南国土佐がうっすらと雪に覆われることもありました。
  In the middle of February, the temperature suddenly dropped, and the Southern Tosa was covered by light snow.

井上 Inoue

オカモト Okamoto

飯田 Iida

片桐 Katagiri
 今年も、高知龍馬マラソン2020が開催されました。
 大会史上初、雨の中の開催となりましたが、中村農園からも4名が出走し、全員無事完走することができました。
 In this year as well, the 2020 Kochi Ryoma Marathon was held.
 This is the first year we had rain, but all four runners from Nakamura-Noen safely finished the marathon.


  そして、龍馬マラソン2020においては、リリーアンバサダーの岡﨑賢司さん、濱田達也さん、森田浩明さんがユリの普及活動として、お花をプレゼントするという企画を行われておりました。
  At the marathon, Lily Ambassadors Kenji Okazaki, Tatsuya Hamada, and Hiroaki Morita, gave lilies to runners in hopes of increasing the flower’s fans. 

 なんと、その喜びの声が地方紙に届けられておりました。
“大きなユリ”と書いていただけていると、なお ありがたかったのですが・・・。
しかし、この大きな蕾というのは間違いなくユリのことです。
ユリが、龍馬マラソンでの良い思い出の一端を担えたことをうれしく思います。
  The runners’delighted voices were printed in the local newspaper. 
  Though I would have preferred seeing “large lilies”, I am sure that the “large buds of flowers given by florists” are definitely lilies. I am glad that the lily left a great impression on the Ryoma marathon runners.

オカモト
By Okamoto

-----------------------------------------------------------------
百合球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問合せは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数


 6月開催!「6月のゆりの展示会」- LILY FAIR JUNE 

2020年3月2日月曜日

二月は逃げる February runs away


  一月から三月にかけてはあっという間に過ぎていくというところから、二月については逃げると言われています。皆さんはどうだったでしょうか?あっという間に過ぎてしまいましたか?…私は毎月があっという間に過ぎています。 
  In Japan, it is said that January, February, and March past quickly, so February is said to “run away”. How were the past few months? Did they fly by? For me, the months are passing by quickly. 


  さて19年南半球産試験の開花もあっという間に終盤を迎えました。「前に行ったときに咲いてなかったあの品種は咲いたのか?」「来シーズン初めて作る品種の色はどんなのだったか?」などなど、気になっている事はありませんか?現在開花している中にも良い品種があります。もう一度足を運んで頂くか、お問合せ下さい。
  Well, the blooming test of the 19SH crop is quickly reaching its end. Do you have any things you want to ask us like, Have the buds that were closed last time you saw them, bloomed? Or, what color is the next seasons variety? The one you are trying to grow for the first time? We have some great varieties that are currently blooming. Please visit our greenhouse again or feel free to contact us.
 


パシフィックオーシャン
Pacific Ocean



シャブリ
Chablis

イビザ
Ibiza



ニュージャージ
New Jersey

 
 他にも初栽培の八重品種もあります。リン付や木姿、枝打ちなど全てが良いとは言いません。それらの状態はこれから栽培を考えている生産者の方自身で見て頂き選んで頂きたいです。だとすると、やっぱり試験ハウスに来て頂かないといけないですね。宜しくお願いします。

 There are some double-flowered varieties we are growing for the first time. I wouldn’t say all of them are great; however, please choose the variety you want to plant by seeing them for yourself. There is a good reason to come to our test greenhouse. Please visit.


キュリオシティ
Curiosity


ウェイブライダー
Waverider


ドリームライン
Dreamline

 最後に、19年南半球産試験を行っている以外の部屋では6月のゆりの展示会に向けて19年オランダ産の定植が始まりました。撤去作業で奮闘していた飯田が、次は定植に奮闘中です!!一斉開花を目指して頑張れ飯田。
 Lastly, other than the 19SH test crop, the planting of the 19NL crop for the “Lily Fair June” has begun. Iida who was cleaning up the late forcing trial of 18NL, is now working hard to plant 19NL. Do your best Iida! Try to make all the varieties bloom at once!!

 ロナウィルスが猛威を振るい様々なイベントが中止となったりしていますが、6月のゆり展示会の頃には終息し、安全に開催されることを願っています。
 Though many events are being cancelled due to the Coronavirus, I hope that by the time of “Lily Fair June”, all is resolved and the event can be held safely.

西山
By Nishiyama


-----------------------------------------------------------------
百合球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問合せは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数


 6月開催!「6月のゆりの展示会」- LILY FAIR JUNE 








2020年1月24日金曜日

19年南半球産 開花進んでいます。/19SH crop is blooming gradually.

 19年南半球産 開花進んでいます。
 19SH crop is blooming gradually.


 前回のブログから発信させていただいておりますが、19年南半球産の開花品種が増えてきています。
 As we posted previously, the number of blooming varieties of 19SH have increased. 


ティセント
Tisento
コンパニオン
Companion

今回の試験では南半球産として初めての品種が、(LAを除く)定植94品種中29品種もあります。オランダ産でも評価の高い品種や、全く初めての品種もあり、これからに期待したいですね。開花状態は順次報告させて頂きますが、ぜひ試験農場へご来場頂き、ご自身の目で見て頂きたいです。
 The first varieties for this trial of SH contain 29 of 94 varieties (except LA). Some of the NL crops are highly evaluated and being trialed for the first time, so I am looking forward to their future with great anticipation. 
I will keep you up-to-date on the blooming situation, but please visit our greenhouse and see it with your own eyes. 
セバン
Severn
ラブディ
Love Day
バリスタ
Barista
マスター
Master
バストーン
Bastogne
カンピオーネ
Campione




最後に18年オランダ産抑制試験を行っていた部屋もきれいに撤去し、次の19年オランダ産促成試験の定植を来月より行うようになっています。
 Finally, we are cleaning up the late forcing trial of 18NL and plan to plant the forcing trial of 19NL by next month.

…もうすぐだ。早いなぁ。
Things are moving faster than expected.





西山
By Nishiyama



-----------------------------------------------------------------
百合球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問合せは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数
 6月開催!「6月のゆりの展示会」- LILY FAIR JUNE 

2020年1月15日水曜日

☆A HAPPY NEW YEAR☆

☆A HAPPY NEW YEAR☆



2020東京オリンピック・パラリンピックYEAR‼
明けましておめでとうございます🎵今年も宜しくお願い致しますm(__)m
We wish you a Happy New Year in 2020, the year of the Tokyo Olympic & Paralympic Games.

暖冬で過ごしやすいポカポカ陽気のお正月でしたが、皆様、年末年始少しはゆっくりできましたでしょうか??
Though the weather was quite warm, did you enjoy your New Year holiday?

現在、弊社試験ハウスでは、18年オランダ産抑制試験の撤収作業が続いており…過酷な作業に日々飯田が奮闘中('Д')!!
Now a days, Iida is working hard to clean up the late forcing trial of the 2018NL crop. 











正月ボケも正月太りも一気に解消( ̄ー ̄)ニヤリ
すればいいですが、体重だけはなかなか解消されないようで…😓💦
If he is lucky, he’ll lose the post-holiday tiredness and weight, but the weight might be a challenge.

その撤収作業中の隣の部屋では、19年南半球産のオリエンタル/OTがすくすくと生育中‼
In the room next to the cleaning room, varieties of the Oriental/OT 2019SH are growing rapidly.





いつの間にかサロニキが…!!Σ(・□・;)
川上、まさかのハウスでのシャッターチャンス逃す(笑)
The Saloniki bloomed before I knew it so I missed the perfect shot of it at the greenhouse.



しか~し、そのサロニキは弊社社屋でお客様をお出迎え中🎶
But the Saloniki is waiting for customers at the entrance of our office building.





サロニキに負けじとこの品種も開花~!!
Salvetia won't be outdone by Saloniki and is also blooming.






これから順次早生系が開花して参りますよ~!!
From now on, early maturing varieties will bloom in rapid succession!!








またハウスの開花状況をブログ等でご報告させて頂きますが、是非弊社試験ハウスへのご来場、社員一同お待ち申し上げております(^^)/
I will keep you up to date on the blooming situation in our greenhouse, but please do visit our greenhouse. We look forward to seeing you. 

川上
By Kawakami


-----------------------------------------------------------------
百合球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問合せは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数
 6月開催!「6月のゆりの展示会」- LILY FAIR JUNE 

2019年12月10日火曜日

オランダに行ってきました! / Visited Holland


皆様、お世話になっております。
12月初旬にオランダに行ってまいりました。
お仕事の関係は、出張報告にてお伝えさせていただきますが
ブログでは、現地で撮影した球根以外の写真をご紹介いたします。
We thank you for your continuous support.
I visited Holland in early December.
I put some photos to show the atmosphere of Holland.
For details about the production situation, I will make another report.





















今回のパートナーは井上君。
My partner in this trip was Inoue.


.



まずは、オランダの昼食の1枚
トースティとトマトスープとコロッケ(肉)
最近はあまり寒くないオランダですが、
冷えたカラダには、暖かいトマトスープがおいしい。
The first photo is from a lunch I had in Holland.
Toast, tomato soup, and meat croquette.
It was not that cold in Holland when we visited there,
but the hot soup was very comfortable for my chilled body after checking fields.


続いて、ディナーの前菜の人気者、牛のカルパッチョ
最近のオランダの牛肉はかなり品質が高くなっていて
脂肪のない赤身肉で、とても柔らかく、お勧めです。
ステーキも”ミディアム”で結構、赤めで調理してくれます。
The next one is beef carpaccio which is the popular appetizer in dinner.
The quality of beef is becoming very high in Holland.
It was low fat red meat.  The texture was very soft, and I recommend you to try this if you have a chance.
Beef steaks are usually served in "very red" medium as well in Holland.



クリスマス向けのデコレーション@ホテルのロビー前
The photo below is the Christmas decoration in a hotel where we stayed.



オランダでは、12月5日のサンタクロースの誕生日イブに
子供たちがサンタさん(オランダ語で”シンタクラース”)から
プレゼントをもらえます。
この文化が海外ではクリスマスに広まったとも言われ、
靴の中のプレゼントはオランダが元祖なようです。
一般的なご家庭では、シンタクラースが終わってから
クリスマス用にツリーを飾るそうですが、
本物のもみの木を使うことがまだまだ多く、
曲がってない木を買ってきて、年始まで緑に維持するのが
お父さんの腕の見せ所になることも。
(商業施設では火事防止のため、人工ツリーになっています)
In Holland, children receive presents from Santa Claus ("Sinterklaas" in Holland) on the 5th of December which is the day before Santa's birthday.  It is said that this Dutch culture spread in the world, and the origin of "a present in a shoe" is Holland.  
In common homes, they display Christmas trees after "Sinterklaas".
Real fir trees are still used in Holland, and it is a big duty for fathers to get straight trees and keep them green until the beginning of the year.  (Artificial trees are used in commercial buildings to prevent fires.)



最後に、オランダのお土産といえば
「ストロープワッフル」=シロップ入りワッフル。
ホットコーヒーのカップの上に乗せ、暖めて食べたりもします。
最近のは、中のシロップの風味があっさりしていて、
万人に食べやすい味になってきている気がします。
The last one is a typical souvenir of Holland, "stroop wafels" (waffle with syrup).
Some people warm waffles on cups of hot coffee before eating.
The syrup inside is not too rich recently and I feel that it's becoming enjoyable for more people.






さいごの最後に、
当社の試験農場では、「18年オランダ産抑制試験」が満開を迎え、
八重系オリエンタルと、LA・すかしが見ごろとなっています。
The very last one is from "late forcing trial of 2018NL crop" in our test greenhouse.
The flowers in full bloom now, and it's the best timing to see double Orientals and LA/Asiatics.





又、10月~11月定植の19年南半球産試験も生育が進んできており
今年はCH産、NZ産共に生育がよさそうな感じです。
合せてご覧ください。
The trial of 2019SH crop which were planted in October and November is going, too.
Both Chile and NZ lilies are growing well this year.
Please also check this trial.


中村慶吾
by Keigo Nakamura


------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数
 6月開催!「6月のゆりの展示会」- LILY FAIR JUNE