2018年2月13日火曜日

高知ってこんなに寒いところでしたっけ? / Kochi is supposed to be warmer than this.

連日、氷点下で始まり氷点下で終わる日々が続いております。
Days start and ends with minus temperature recently.

この時期、放射冷却現象の影響で冷え込みが・・・。
などと言う言葉を天気予報などでよく耳にします。
そうか、自然では放射冷却現象などという大変なことが起こっていて寒いのだなぁ。と思っておりました。
で、どんな大変なことが起こっているか、みな様ご存じでしょうか?
We often hear phrases such as "The temperature goes down because of 'radiative cooling'" in this season.
I've thought that some special thing called "radiative cooling" is happening in winter.
By the way, do you know how it actually happens?


私ことオカモトは知りませんでした。
そして、調べました。
調べて分かったことは、放射冷却というのは、放射冷却などというたいそうな言葉が使われておりますが、意外にも普通に起こっていることをそう呼んでいるだけだったのです。
皆様のお住まいの地域は、昼間は夜より暖かいですよね?そして、夜になると昼間より気温が下がりますよね?夏でも冬でも・・・。
I, Okamoto, didn't know exactly about it.
So I looked it up.
I learnt that "radiative cooling" is not a special thing but rather normal phenomenon of everyday lives.
It's normal that daytime is warmer than night time, and the temperature gets cooler in night.  It happens every time no matter it's winter or summer.


それが、放射冷却なのです。
昼間太陽に地面が暖められます。そして、夜になると暖かさが大気を通じて宇宙に逃げるのだそうです。
この暖かさが逃げていることを放射冷却と呼びます。
そして、冬場に多い乾燥している時、風が吹かない時、雲がない時といった気象条件の時こそ放射冷却が促進され、余計冷え込むのだそうです。
That is "radiative cooling".
In daytime, the sun warms the ground, and the heat goes back to the space in night time.  This movement of the heat is "radiative cooling".
This phenomenon becomes stronger especially in the condition with dried air, less wind, and no clouds, so the temperature gets cool more extremely in winter.


勉強になりました。
I learnt a new thing!


今日の中村農園、風も雲も湿気もありません。
Today's Nakamura Noen.  No winds or clouds, and less humidity.








現在、高知市内では、この交通規制の予告看板が設置されております。
否が応でも、緊張感やテンションや焦りといったものに襲われてしまいます。
Now we see many boards like this on the roads.  This is for informing traffic regulations in many places in Kochi on February 18th.
When I see these boards, I feel nervous and pressured. 

そう、もうすぐ高知龍馬マラソンなのです。
フルマラソンです。
42.195kmです。
Yes, February 18th is "Kochi Ryoma Marathon".
It's a full marathon.  42.195km.


今回も弊社からは、オカモト・片桐・井上・飯田の4名が参加します。
去年同様に全員完走が目標となっておりますが、どうなる事でしょう???
This year, Katagiri, Inoue, Iida, and Okamoto will run.  As same as last year, the goal is that every one will run and finish the whole course.

私オカモトとしましては、放射冷却の影響で寒さに負けてしまう日が多く練習不足でしたので、不安でいっぱいの年となっております。
I've been too lazy to practice because of such freezing temperature for radiative cooling, so I’m not really confident this year.

皆様の応援がいただけることを期待して、残すところあと少しとなりましたが、できるかぎりの練習をして備えたいと思います。
大会の結果は、ブログかスマイル通信で報告させていただきますので、乞うご期待です。
Not much time left, but I will do my best.  Your cheering will give me power!
I will report how it went in this blog or Smile News.



------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数



2018年2月1日木曜日

やさい・くだもの・花フェスタに行ってまいりました。 / Went to Vegetable + Fruit + Flower Festival

1月28日 ブログでもお伝えしていた、やさい・くだもの・花フェスタに行ってまいりました。
注目したのは、園芸品展示品評会での受賞者・会場装飾(花アレンジ)・花いけバトルでした。
I (Okamoto) went to "Vegetable + Fruit + Flower Festival" which I wrote about in the blog on January 28th.  I was looking forward to seeing 3 things the most;  the prize winners of horticulture products' exhibition, flower arrangements of the hall, and "Hanaike Battle".

まずは、花いけバトルです。今年は、「土佐の花いけラストサムライ」こと西村さんの優勝で幕を閉じた花いけバトル。ちなみに、「6月のゆりの展示会」のデザイナー橋田さん(tomoni flower)も準優勝でした。
いずれのバトルもすばらしかったのですが、どちらが勝つのかは開票されるまで予測不能でした。
ユリがけっこうな頻度で使われておりましたので、紹介してみたいと思います。
First of all, I'd like to introduce "Hanaike Battle".  This is a competition of flower arrangement designers' making their flower arts without preparation on the stage in 5 minutes.  The champion was Mr. Nishimura known as "Last Samurai of Kochi's flower arrangement".  Mr. Hashida who did the total designer of our "Lily Fair June 2017" was also played, and won the 2nd prize.
Every battle was fantastic and difficult to judge the winner.  Lilies were often used, so I'd like to show you the photos a bit.

木の枝にいけられたテッポウユリ。
Longi lily on the top of wood

唯一の切り花として中央部分にいけられたテッポウユリ。
The lily in the middle was the only flower 
which was used in this Mr. Hashida's art.

立てられた竹にいけられたテッポウユリ。
Longi lily on the top of a bamboo.


中央にちょこっとピンクのオリエンタル。オカモトはこの作品が一番良いと思ったのですが、このバトルでは負けてしまいます。
There is a pink Oriental in the middle.  Okamoto thought that this was the best one in the whole battles, but it lost in this match.

惜しくもグデッとなってしまったカサブランカ、時間切れのためこれにて完成となってしまっておりました。
よくご覧ください、これだけ傾いているというのに、茎は曲がっておりません。
Because of running out of time, the Casa Blanca was left laid.  However, you have to notice that the stem is still strong and straight even though it's lying like this.

決勝戦での西村さんの作品。
しっかりといけられたテッポウゆり。
The arts of Mr. Nishimura 
which brought him the 1st prize



どうだったでしょう?
各バトルでどちらかのバトラーが使っていたのではないかという頻度だったと思います。
そしてユリは、全作品において必ずアクセントやポイントとなる部分に使われていたような気がしました。
How are they?
Lilies were used somewhere in every battle, and it seemed that the designers used lilies to make accents in their arts.



エントランス部分は、今回バトルにも参戦していた、tomoni flower橋田さんのデザインだそうです。
6月のゆりの展示会に来られた方は、気づかれたのではないでしょうか??? このテイストにしっかりユリも溶け込んでおります。
The entrance of the hall was designed by Mr. Hashida from a flower shop "tomoni flower" who played in "Hanaike Battale".
Maybe people who visited our "Lily Fair June" noticed that this was Mr. Hashida's design.  You can find lilies here, too.




そして、品評会です。
こちらも、バトル同様いずれの品物もすばらしく甲乙つけがたいものばかりだったと思います。
中村農園のお客様が多数入選されておりうれしく思いました。本当におめでとうございます。
And the exhibition.
Here, as well as the battle, there were many beautiful products which were difficult to say which were better.  
I was so happy to see that many of our customers won prizes.  Congratulations!



------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数









2018年1月11日木曜日

やさい・くだもの・花フェスタ / Vegetable + Fruit + Flower Festival

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
ここ高知でも、寒い日があり車のフロントガラスが凍っていたりする日があります。
しばらく寒い日が続くと思われますので、くれぐれもお体ご自愛ください。
How are you doing in these cold days?
We have very cold days that car windows freeze some times even in Kochi.
Please take care of yourselves. 


さて、イベントです。

今年も12728日にぢばさんセンターにて、高知県園芸連の主催する「やさい・くだもの・花フェスタ」が開催されます。
Today I'd like to introduce an event.
"Vegetable + Fruit + Flower Festival" will be held by Kochi Horticulture Association on January 27th and 28th at Kochi Jibasan Center.



弊社が納品させていただいている生産者さんも出品される園芸品展示品評会をはじめ、各種即売会、ワークショップなど、様々に地場産品のPRがなされます。
There will be the competitive exhibition which some of our customers will also take part in, some shops and workshops, and other entertainments to promote Kochi's local agricultural products. 




今回、特に注目しております企画は、「6月のゆりの展示会」でもフラワーデザイナーとして参加してくれたtomoni  flower 橋田さんも参戦する「花いけバトル」です。
アレンジショーとは一味違う、バトルの緊張感をぜひ体感いただきたいです。
The one which I pay attention the most is "Hanaike Battle".  This is a competition of flower arrangement, and Mr. Hashida from "tomoni flower" who did the total design of our "Lily Fair June 2017" will join as a player.
I'd like you to visit to see the "battle" which has a different atmosphere from normal flower arrangement shows.







------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数




2018年1月10日水曜日

2018年 あけましておめでとうございます。 / Happy New Year! 2018

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
Happy New Year!
We hope to have a good relationship with you all for Year 2018 as well.






早速ではございますが、ニュージーランド研修旅行について…。
いよいよ、ニュージーランド研修旅行が来週に迫ってまいりました。
今回の研修旅行では、弊社より社長・井上・吉村の3名が同行させていただき、お客様とニュージーランドの球根生産現場やニュージーランドの自然や文化に触れようということになっております。
I'd like to write about our study tour to New Zealand which is finally coming next week.
This time, from our company, Keigo, Inoue, and Yoshimura will visit New Zealand with some of our customers.  They will see New Zealand's bulb production, nature and culture.






そこで、ニュージーランドと言えば何だろう?という事で、調べてみました。
キウイ(鳥、果物)、ラグビー、蜂蜜、そしてなんと言っても羊ではないでしょうか?
羊毛、ラム肉、放牧、人口より羊が多いなど、話題には事欠かないニュージーランドの羊事情なのです。 
What do you think of when you hear the name "New Zealand"?  I looked up some keywords.
"Kiwi (both bird and fruit)", "Rugby", "Honey"...... and most of all, "sheep" should be the one which most of people think of.
New Zealand has a plenty of topics to talk about sheep such as good souvenirs of wool, lamb chop, scenery of pasture, bigger number than population...etc.




そして、オカモトの知らなかった羊に関する新事実。
ニュージーランドの羊も、カマキリ、アンコウのようなオスが不憫な動物だというのです。
と申しますのも、ニュージーランドで見られる羊のほとんどはメス。
ニュージーランドで食べられる羊のほとんど(こちらは全てに近いものと思われます)はオスということなのです。
オスは、一部繁殖用を残し、あとは食肉として出荷されるのだそうです。
牧畜業界全般こういうことなのかも知れませんが、カマキリやアンコウや羊のオスでなくて良かったと思ったしだいであります。
And I found new thing about sheep.
The male sheep in New Zealand have poor destiny like male mantises or angler fish.
I heard that most sheep we see in New Zealand are female, and the ones which become meat for our food are male.
For male sheep, most of them are to be eaten except for few for breeding.
It might be normal in stock-farming industry, but I thought that I was lucky not to be born as mantises, angler fish, or NZ male sheep.




ついでに、オカモト的ニュージーランドといえば
やはり映画「世界最速のインディアン」です。
これは、めちゃめちゃ足の速かったネイティブアメリカンの話ではありません。
これは、ニュージーランドの田舎に住むバート・マンローという人の実話を元にした映画です。

1920年製のインディアンというバイクをほぼ自作のパーツで作り直し、世界最速記録に挑むおじいさんの話です。
In addition, if I may to talk, the first thing I think of about NZ is a movie "The World's Fastest Indian".
It is not about a native American runner who was really fast.
The story is based on a true story of a man Burt Munro who lived in a country side of NZ.
He tried to make a world record of the riding speed with his motorbike called "Indian" made in 1920, which he rebuilt using his own made parts.

実際に時速300km以上で走り、当時の世界最速記録を樹立します。
アンソニー・ホプキンス主演で、ニュージーランドを舞台にしっかりと作られた映画ですので、バイクに興味のある方も興味のない方も十分に楽しんでいただける作品だと思います。
ニュージーランドについて知れるという点でも、いかがでしょうか?
He finally reached more than 300 km per hour and made a world record.
Anthony Hopkins played Burt, and the stage and background of the movie are designed very much like NZ.  I think that it is interesting no matter whether you like motor sports or not, and also it's a good movie to know about NZ.


------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数

2017年12月29日金曜日

本年も大変お世話になりました・2017 / Thank you very much for your support of this year!


ご無沙汰をいたしておりました。
中村農園ブログでございます。
I regret that I couldn’t updated this blog for a long time.
Thank you for reading this blog.






球根を見つめつづけてきた、あっという間の1年が終わろうとしております。
皆様におかれましては、どのような2017年でしたでしょうか?
We always faced lily bulbs this year as usual.  Time flies, and 2017 is nearly at the end.
How was your year 2017?




中村農園的にはスマイル通信でお届けさせていただいたように、“ゆりフェスタ”が“6月のゆりの展示会”になったり、“11月もゆりの展示会”を開催したり、ホームページも改修されたり、ゆり()の普及活動の幅を拡大させていただくなど、本当に様々に変革があった年のように思います。
For us, as we introduced in the last Smile News, we had some big changes; “Lily Festa” changed to “Lily Fair June” and even more “Lily Fair November”, and our web site’s design and contents changed, too.








2018年も皆様のお役にたてますよう、楽しんでいただけますよう、おいでていただけますよう、社業にその他の活動に励んでまいりたいとおもいます。
We will keep doing our best effort in our business to be more useful for you, provide you more interesting things, and visiting us to see the trials or events next year.

とにもかくにも、2018年もよろしくお願いいたします。
2018年が、皆様にとりましても、我々にとりましても、良い年となることをお祈りいたしております。
We hope to have your continuous support next year.
and 2018 will be a wonderful year for both you and us.







2017年最後のスマイル通信のクイズが、今月も出題されております。
今回は、年末スペシャルということで、いつもより豪華なプレゼントをご用意させていただく予定となっております。
皆様、お忙しいかと思いますが、是非ご参加ください。
解答は、電話、FAX、メール、各SNSなど、中村農園までどうにか届けていただければと思います。
Have you checked the quiz in the last Smile News?
This time is a special one of the end of year, and you might get a present which is a bit better than usual!
We hope that many of you join this.




皆様、よいお年をお迎えください。

We hope you have a pleasant new year day!


------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数

2017年11月29日水曜日

ホームページ リニューアルしました! / Our web site renewed!

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、この度、弊社のホームページをリニューアルいたしました。
Some people might already have noticed it that we renewed our web site recently.


こちらがその新しいトップページです!
This is the new top page!



旧ページとは全く雰囲気の違う、全画面、写真がドーン!!というデザインとなっています。知らずに初めて見られた方は、びっくりされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
The looking is very different from the old one.  I imagine that this has surprised some of the viewers.


新しいホームページでは、このトップ画面を「下にスクロール」していただくことで、コンテンツが見られる仕組みとなっています。
(もしくは、トップ画面右上のオレンジ色の文字をクリックしていただくと、該当のコンテンツに飛びます。)
You can see the contents if you scroll down the page.  (or you can also click the orange letters of the top right.




このブログは、少し下にスクロールすると出てくる、こちらのアイコンからご覧いただけます。
You can check this blog from this icon.






ページデザインは新しくなりましたが、細かな修正などは現在まだ作業中です。
ご不便を感じられる点があるかもしれません。少しずつアップデートしておりますので、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
ご覧いただく中で、「あれ?」と思う点などがございましたら、お教えいただけますと幸いです。
This new web site is actually still under construction. We would appreciate if you can inform us when you find something strange.



【新】中村農園HPも、どうぞよろしくお願いいたします。
We hope you can enjoy our new web site.



------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数

2017年11月24日金曜日

11月もゆりの展示会について / Lily Fair November



1123日 天候にも恵まれ『11月もゆりの展示会』を無事開催することができました。

ご来場いただいた皆様、まことにありがとうございました。
On November 23rd, our new event "Lily Fair November" was held under a good weather.
We appreciate a lot the people who visited us.



会場では、バーベキューでおもてなしをさせていただきました。
We prepared BBQ for the lunch.



今回は、オガ備長炭という炭を使用いたしました。
着火に時間がかかりましたが、一度火が入るとその火力と耐久性には驚かされました。
おススメです。
The charcoal we chose this time is "Oga Bincho Charcoal".  It takes time to set the fire, but it lasts for a long time.  It's our recommend.




「ラボ」企画の実験中の花も展示させていただきました。
実験内容につきましてのお客様からの声も直接伺うことができて良かったです。
The flowers which are now I'm using for the new project were also showed in this exhibition.  It was a good opportunity to talk with the visitors about this experiment.





イベントは終了となりましたが、ハウス内の花は見頃をむかえております。
生産者様におかれましては、お忙しいかと思いますが、ご来場いただければと思っております。
The event finished, but the greenhouses are in the good timing to see the flowers.  We hope that you can come to check them some time. 




------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数