2019年2月19日火曜日

今年も走りました高知龍馬マラソン‼ / Ran Kochi Ryoma Marathon

ついに今年も高知龍馬マラソンがやってきました。

2019217日(日)快晴、風もなく絶好のマラソン日和。
年々、参加人数が増え、今年は全国から13481人がエントリー。中村農園からは5名(片桐、井上、飯田、岡本、吉村)の社員が出走しました。
大会が近づくにつれ、「足が痛い」「体調がいまいち」など、社員同士の情報戦はありましたが、今年はインフルエンザにかかる社員もおらず、順調に当日を迎えました。
The season of Kochi Ryoma Full Marathon came again.
The 17th of February, the weather was very clear with no wind, which was the perfect day for a marathon.
This big annual event in Kochi has been bigger year by year, and 13481 people participated from all around Japan this year.  From Nakamura Noen, 5 people joined (Katagiri, Inoue, Iida, Okamoto, Yoshimura).
As the day came closer, there was an information warfare between us saying "My legs are bad." or "I don't feel good.", but everyone was healthy without becoming flu or anything on the day.


9時の号砲とともに県庁前をスタート!
1万人を超えるランナー全員がスタートするまでには、10分以上かかります。
The marathon started with a starting gun at 9 a.m.
It took more than 10 minutes until more than 10000 runners passed the start line.


県庁から市街地を抜け、田園風景が広がる農道へ。
The course starts in the middle of the town, and it goes into agricultural regions of the suburb areas.

10キロ以上走ると、ちょっと小腹もすいてきます。
After running 10km, many runners feel a bit hungry.



龍馬マラソンでは数キロごとの給水ポイントの他、給食ポイントもあり、地元のフルーツトマトやゼリー、かつおめしで栄養補給できます。
On the course of Kochi Ryoma Marathon, there are water supply points at every few kilometers, and also there are food supply points.
The staffs prepare the local foods such as "fruit tomato", jelly, and bonito rice for the runners.






スタッフの方々の優しい声援と給食で、気持ちも体も元気100倍!42キロを走りきるためには、こまめな給水とこまめな給食が大切です。

パン コーナーの英語表記は「bun」です。バンズのbunらしいです。知らなかった。
The staffs' kind cheering and foods made us recover from the tiredness.  Taking water and foods frequently is essential to do 42km marathon.



コース最難関は、弊社のすぐ近くにあり、コースの20キロ地点にある浦戸大橋。高さ50m、長さ1480mのこの橋を頑張って登り切った先に見える、太平洋の大パノラマ。
この絶景と下り坂が相まって、自然とペースは上がります。
The hardest part of the course is Urado Ohashi Bridge at 20km point, which is close to our office.  It's 50m high above sea level, and the length is 1480m.
After runners survived this bridge, they saw a wide view of the Pacific.  Runners quickened their paces naturally because of the beautiful scenery and the down hill.


そして海岸線へ。会社の住所は「高知市長浜」ですが、マラソンで走るとその地名を実感します。ほんとに浜が長いんです。
走っても、走っても折り返しが見えてこない。痛む足、折れそうな心、ここからゴールまでは「忍耐」それだけです。
And the course comes to the coast line.
This area is close to our office, and the name of the area is "Nagahama" (written as "長浜", which means "long coast").  As the name says, this coast line is very long.
We ran a very long straight course along the sea, and the turning point didn't appear.   Legs hurt, and motivations almost disappeared.  There was only patience from this point to the goal.



そして、ゴールの春野陸上競技場へ。
ここまで来ればゴールは目前、あともう少し。がんばれ!ラストスパート!!
And finally, the stadium of the goal appeared.
The goal is at the corner!

初マラソンの吉村
Yoshimura who ran Ryoma Marathon for the first time


走りに集中して声援に気付かない片桐
Katagiri was concentrated on his run so much
and he didn't notice the camera.


今年もマイペースの飯田
Iida was at his own pace as usual.


タイミングが合わず、井上と岡本の写真は取れませんでしたが、今年も無事、全員が完走しました。
We missed to get the photos of Inoue and Okamoto, but everyone from Nakamura Noen could complete the full marathon like usual years.

大会前から熱く激励いただいた生産者の方々、また沿道で声援を送ってくれた皆さん、どうもありがとうございました。
「よさこい祭り」に次ぐほどの盛り上がりをみせる「龍馬マラソン」。42キロを走りきるのは大変ですが、ゴール後の達成感は病みつきになります。
来年は他の社員も誘って、また参加したいなと思っています。皆さんも走ってみませんか?
We very much appreciate our customers who gave us encouragements before this event, and also all the people who supported us and other runners on the course.
Kochi Ryoma Marathon is becoming a big event of Kochi after "Yosakoi".  It is very hard to run 42km, but the sense of accomplishment is a kind of addictive.
Please join us next year!






★蛇足★
現在弊社の施設のひとつを修繕工事中なのですが、その工事に伴い、先日大きなクレーンがやってきました。
大きなクレーン……本当に大きなクレーンだったんです!!!!!(写真で伝わるかな!?)
30mはある高さに、一瞬業務を忘れて騒いでいた社員はたくさんいたはず…。



------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数




2019年1月22日火曜日

もうすぐ、ゆりサミット。18年南半球産の開花、始まっています。 / Lily Summit is coming soon - 18SH trial now blooming

遅くなりましたが、皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、まだまだ先だと思っていた「ゆりサミットin高知」まで1週間を切りました。全国各地からゆり生産者や関係者が集結し、今後のゆりについて話し合う「ゆりサミット」、その第2回大会が125日~26日の2日間、高知で開催されます。
Late greeting for new year!
We hope to have your continuous support for this year.
"Lily Summit in Kochi" will be held in a week.  This is the second conference of lily forcers and relative people of all around Japan, and they talk about the future of lily in this event.  It will be held on January 25th and 26th in Kochi.


そして、26日には弊社試験農場への視察もあり、多くの方が来場予定です。
現在、試験農場では昨年10月に定植した18年南半球産のサロニキが13日に開花し、続いてコンパニオンなどの早生品種の開花も始まっていますので、ちょうど良いタイミングで皆さんに18年南半球産の試作を見て頂けると思います。
We will welcome the participants to our test greenhouse on the 26th.
Now in our greenhouse, some 18SH varieties are blooming.  Saloniki planted in October has bloomed on January 3rd, and other early varieties such as Companion have bloomed as well.  We believe that it will be a good timing for the visitors to check our trial of crop 18SH.




サロニキ
Saloniki

コンパニオン
Companion


南半球産の試験は「比較の試験」です。同じ品種でも、ニュージーランド産とチリ産では違いがありますし、3月定植や9月定植のオランダ産との違いも実感していただけると思います。
特に葉焼けについては、オランダ産とはガラッと印象が変わる品種があると思います。
The trial of SH bulbs is "comparative experiment".  A same variety has differences between its New Zealand bulbs and Chilean bulbs, and there are also differences from Dutch trial planted March and September.  
Leaf burning should be more interesting to see because SH trial shows very different result from that of Dutch bulbs.


草丈の長いOT品種たち
Tall OT varieties


また、酷暑試験やオランダ産抑制試験では草丈がちょうど良かったOT品種でも、南半球産を使った真冬の栽培では草丈が一段と伸びてしまうものもあります。
草丈が伸び過ぎず、しっかりと茎が硬くてコンパクトな品種。しかも生育日数が短い。そんな冬用のOT品種探しには、今回の試験が絶好のチャンスです。
In addition, OT varieties are interesting to see as well.  Some OT which had appropriate stem heights in the heat resistance test and Dutch late forcing trial grow too tall in the SH winter trial.
It is a perfect chance to look for OT varieties for winter which don't get tall too much, have hard stems and compact shapes, and shorter growing time.



八重品種
Double varieties


これまではオランダ産ばかりだった八重品種も、ようやく南半球での生産が始まりました。
まだ数は少ないですが、どんな咲き方をするか楽しみです。
Production of double varieties have started in NZ and Chile, while there were only Dutch crop before.
The number of the varieties is not so big yet, but we look forward to seeing the result.


26日の視察では、試験栽培を見ていただきながら、“冬場にはどの品種が適しているのか”また、“マーケットからはどんな品種が必要とされているのか”
そうした話もぜひ来場者の方と意見交換できればと思っています。
We hope that there will be an active communication among the visitors of "Summit" about "varieties which are good for winter" or "varieties which are demanded in markets" in our greenhouse.



そして、もちろんサミット後も栽培は続きます。
開花予定は以下の通りです。ハウス見学、大歓迎ですので、ぜひお越しください。
Of course, you can see our trial after "Lily Summit" too.
The estimated blooming time is as below.
Please visit us and see the growth.


18年南半球産試験栽培 開花時期
早生品種(コンパニオンなど):1月上旬(開花中)
中生品種(ソルボンヌなど):1月下旬
中晩生品種(レクサスなど):2月上中旬
晩生品種(シベリアなど):2月下旬
<18SH TRIAL  : Estimated blooming time>
Early varieties (Companion etc) : Early January (already bloomed)
Middle varieties (Sorbonne etc) : Late January
Mid-Late varieties (Lexus etc) : Early-Middle February
Late varieties (Siberia etc) : Late February



------------------------------------------------------------------
ゆり球根・輸入・生産・卸 株式会社中村農園(高知市)
ホームページ www.nfb.co.jp
お問い合わせは info@nfb.co.jp  でお受けしております。
ユリ品種データベース 試験栽培データ 花の写真 多数